ねこぬえの窓

飽き性な大学院生が、何かを頑張ろうとするブログ。

飽き性な大学院生がほぼ日一週間手帳続けてみた

 

こんにちは、ねこぬえです。

 

先日、ほぼ日手帳マガジンから仕事手帳についての記事があがったので読ませていただきました。

 

紹介されていたのはほぼ日weeksですが、興味深い内容ばかりだったので今後の参考にしていきたいと思います。

あと、中身がすっきりしてて綺麗!

いつか私もこんなふうに使いこなせるようになりたいですね...

 

そして、肝心のほぼ日手帳はこんな感じ。

 f:id:nekonue:20170409022359j:image

 

とりあえずは一週間続けられました。

 (予定の無さが目立ちますね...w)

 

ほぼ日手帳を始めて気づいたこと

 

1日1ページの使い方は、今のところ前回と同じ感じで続けています。

 

ほぼ日手帳を使い始めたばかりの時

 

手帳をつけ始めてから気がついたのですが、手帳に書いたことって気にとめるようになるんですよね。

 

例えば、

  • ボディーソープの詰替買う
  • 美容院の予約する
  • 今日中に卵を消費する

こんな感じで、その日のうちにしておきたい事をメモしておいて、達成できたら棒線で消すようにしてるんです。

 

そうすると、達成できてない項目を見たときに、

「棒線ひきたい!」→「忘れずにやらなきゃ!

って思考になるんですよね。

これのおかげで、「したかったのにうっかり忘れた」なんてことがほとんどなくなりました。

 

また毎日の支出を記録してみると、「あれ、お金使いすぎてる?」と気づくことができたり。

 今までは続けられたことがなかったものの、家計簿をつけるって大事なんだな、と改めて思いました。

 

これを応用すると?

 

例えば、授業があった日には「今日の授業の復習をしておく」と書いておくと、モチベーションが上がるかもしれません。

ある課題や仕事の〆切があったとして、そこから逆算して1日の分量をページにメモしておいたら、余裕を持った行動ができるかもしれないですね。

 

コツとしては、やるのに無理がない仕事量を設定することだと思います。

 

極端な例ですけど、

  • 本を50ページ読み進める
  • 10kmウォーキングする

こんなメモよりも

  • 本を2ページ読み進める
  • 1kmウォーキングする

こっちの方が、「やってみようかな」って気持ちになりますよね。

 

何にしても、自分に対して目標を過剰に設定しまうことってないでしょうか。(私はよくあります)

やるのが負担になってくると続かなくなってしまうので、「これくらいなら」って思う分量を続けることが大事だと思います。

 

おわりに

 

もうすぐ院の授業が始まるので、ほぼ日手帳を活用するのが楽しみです。

次は2週間を目標に、のんびり続けていきたいと思います。

それでは、また。

飽き性な大学院生がほぼ日手帳の使い方を考えてみる

 

はじめまして、この春から大学院生になるねこぬえです。

 

突然ですが、私には昔から悩みの種となっていることがあります。

それは、自分が飽き性であるということです。

日記はもちろん、手帳、インスタ、スマホのゲームなど長続きしたことがありません。

当然、このブログも三日坊主で終わってしまう可能性は十分にあります。

 

そんな私ですが、この春からほぼ日手帳に挑戦することにしました。

 

なぜ手帳を始めることにしたのか?

 

院に入学して早々ですが、来年からはいよいよ私も就活生です。

就活といえば、説明会だったり面接だったりと予定で持ちきりな印象ですが、そんな時やっぱり手帳があった方が便利ですよね?

 

でも、同じ就活生でも

Aさん「手帳持ってます、就活生ですから(キリッ)」

Bさん「私、普段から手帳にこだわりを持つ性格でして(キリッ)」

この2人だったら、Bさんの方がちょっとかっこよくないですか?w

 

つまるところ、

「就活生になるし、これをきっかけに手帳をスマートに使いこなせるようになりたい!

という訳です。

 

ほぼ日手帳を買いました

 

そんなこんなで、2017年版のほぼ日手帳springを購入しました。

f:id:nekonue:20170403231406j:image

本体+カバー+下敷き(+送料)で5508円。

めちゃくちゃ高い... 

f:id:nekonue:20170403232008j:image

ペンはPrefillにSARASAのリフィルをセット。

 

このバタフライストッパー、最初はううん...と思ってたのですが、使ってみると結構便利ですね。

ペンとセットで持ち歩くことができるし、使いたい時にすぐ開けますし。

何より鞄に入れていても手帳が勝手に開きません。

 

筆圧が強いため、一緒にほぼ日用の下敷きも購入しました。

下敷きのない状態で書いた試しがないので恩恵はよくわかりませんが、おそらくあるのとないのじゃ大違いなんだと思います。

 

ブログを書こうとしたきっかけ

 

ほぼ日手帳といえば、有名なのがこの1日1ページ

 f:id:nekonue:20170403232431j:image

すごく魅力的だけど、どう使いこなせばいいのかがわからない。

そもそも飽き性なのに1日1ページなんて...と、私も購入にあたって様々なサイトを調べました。

 

そこで気がついたのですが、大体の人が「日記用」「予定管理用」「勉強用」など、手帳を使い分けて使っているんですね。

だから、ページの使い方もそれに特化したものが多くて、私が書きたいと思っている「予定管理+日記用」といった使い方があまり見当たらない。

 

もちろん、最初は複合して使っていたものの、書き方を探していくうちにそういう使い方になった...という人もいるのかもしれません。

でもその過程が記されているブログって、なかなか見つからないものです。

ほぼ日手帳はリピーターが多いらしいですが、当然挫折してしまった人だっているでしょうから。

 

そこでこのブログでは、ほぼ日手帳を使うなかでどういう風に活用していけばいいのか、その過程をあげられたらなと思っています。

そして少しでも、ほぼ日手帳の使い方に困っている方の手助けになれたら幸いです。

 

今はどういう使い方をしているのか?

 

この記事を書いている現在(2017年4月3日)、1日1ページが始まって既に数日経っています。

そこで気がついたのですが、どういう風に書いてるのか、といった肝心の中身をお見せすることができません...

 

当初は実際の内容を見せていく方針でいこうと思っていたものの、よくよく考えたら当然ですよね。

「予定管理+日記用」だと、プライベートな情報が多すぎてモザイクばっかりになってしまいますし。

そもそも手帳って、人に見せることを前提にしたものじゃない。

 

という訳で、中身は見せずにどういう使い方をしてるかだけ書いていこうと思います。

 f:id:nekonue:20170404003403p:image

試行錯誤中ですが、現在はざっとこんな感じです。

(スマホ相手に指でちまちま書いたので、全体的に汚いです。すみません...)

 

日付の隣のチェック欄は、締め切りや課題などしなければならないことを書くスペース。

ページの左側に24時間の時間軸があるので、そこにその日のタイムスケジュールを書いてます。

暇で何も書く予定がない日は、その日にやりたいこと(洗濯や買い物など)を箇条書きで書いて、こなせたらチェックをいれるようにしてます。

その右側に、その日あったことや書きとめたいことを書いていき、下には支出・収入と残金を記録。

 

ページ内についている機能を活用しようとした結果、自然とこのような使い方に至りました。

初日は右往左往しながら使っていたものの、3日も経つとだいぶ書き方が安定してきた気がします。

 

おわりに

 

日記は続けられるか不安でしたが、ほぼ日手帳のオリジナルでこのスペース分だけなら、案外すぐいっぱいになりますね。

このまま使い方を探りつつ、まずは一週間を目標にほぼ日手帳を頑張ってみたいと思います。

 

→一週間続けられました